レーザー治療

レーザー治療の効果、適用について

1 歯周病の治療

特に急性期で痛みが強い場合、歯肉の切開や歯肉のポケットへの殺菌、消炎を行います。痛みや出血も少なく炎症の回復が期待できます。

2 根管治療

歯の根の治療で神経をとったり、根の先に膿がたまった時に原因となる細菌を殺菌、消毒し、痛みを和らげます。

3 切開手術

切開はメスに比べて痛みや出血が少なく、同時に殺菌、消毒、消炎効果により術後の回復も早く、抗生物質や鎮痛剤の使用もおさえる事ができます。

4 ムシ歯の治療と予防

レーザー照射は歯の表面を硬くさせる力を持っています、また耐酸性も高まりむし歯になりにくい歯を作ります。

その他、色素除去・知覚過敏・口内炎・顎関節症等などにも活用されます。

 

患者さんに安心

gpf4Photo220101130121519.jpg

レーザー治療においては副作用の心配がありません。 妊娠中の方や全身疾患のある方、アレルギー体質の方などにも安心して治療を受けて頂けます。 また多くの場合麻酔や鎮痛剤、抗生物質などの薬の量を減らせます。症例によっては1回の治療が短時間で終わり、治療後の痛みもほとんどなく傷跡が残りにくいなどの特長があります。

 

レーザー治療の注意点

よく『レーザーで歯周病やムシ歯が治るのですか?』と質問されますが、レーザーだけで完治するケースはまれであり、消炎効果や殺菌力に優れる特性を活かして、急性症状の緩和や通常の治療に併用する事で治癒を早めたり効果が持続するのです。ですが歯茎の黒ずみをとったりする色素沈着除去や口内炎の治療などはレーザーのみで行えます。レーザーは保険適用外ですので一定の料金がかかる場合がありますが、他の治療との併用などでは費用を頂かずに使用したりも致します。ご不明な点等は一度ご相談ください。

 

なぜCO2レーザーなのか

遠赤外線は光の一種で、可視光の赤色よりも波長の長い赤外線の中でももっとも長い波長領域のもので、熱作用を持っていて「暖かい光」と言えます。水の分子に吸収されると共振することで内部エネルギーが上がり温度が上昇するのですが、カラダの細胞組織と共鳴作用を起こして発熱することで体を温めます。毛細血管が拡張し、血液循環が活性化して新陳代謝が促進されます。その結果、組織を再生する力が高まるため、治療効果が上がるというわけです。このほか、異常興奮した知覚神経を抑制したり、自律神経機能を調整する効果もあることがわかっていて、ツボ刺激もお灸や鍼などより効果的だったりします。

歯科で最も普及しているCO2レーザーの波長は、唯一まさにこの「遠赤外線」領域にあります。このレーザーの特徴である各種熱的効果や消炎・鎮痛効果の根拠は、どうやらカラダに良い「遠赤外線」にもあるようです。